ファッションMemo

ファッション小物の使い方

人はおしゃれをしたいとき、洋服や髪型、アクセサリーなどで着飾ります。そのときに、ファッション小物を上手に使って、他の人よりもワンランク上のおしゃれをする人がいます。ただ、小物は間違った使い方をすると、せっかくおしゃれに見せるためのものが、突然無駄で邪魔なものになってしまったり、ダサく見えてしまったりしますので、使い方に注意が必要です。

例えば、小物で季節感を出すという方法があります。小物にも洋服のように、素材がたくさんありますから、春や夏には、ポリエステルやレーヨン、麻などを使用した小物を選ぶと、涼しげな雰囲気が出せます。秋や冬には、温かく見せる、ベロアやニットなどの素材や、色も落ち着いた濃い色を選ぶと良いです。
もちろん、機能も大切で、特に冬になると、帽子や手袋、マフラーやストールのように、体を温めつつ、季節感を出せる小物が多いです。

そして、小物はファッションをコーディネートする際に、ポイントやアクセントになることがあります。さし色とも呼ばれ、特にカラーのアクセントをつけやすいです。基本的には、洋服や靴を全て同じような系統の色でそろえている場合、あえて真逆のカラーの小物を持ってくることで、個性的なコーディネートが作れますし、全身を引き締めてくれる役割も果たします。

お役立ちサイト情報

Tシャツプリントなら【RUB-LAB】

 

バッグの選び方

バッグは出かけるときに荷物を入れるために必要なのはもちろん、ファッションの一部としても重要です。バッグをメインにコーディネートを考えるのも楽しいです。
例えば冬らしいバッグとしてファーつきのチェーンバッグが挙げられます。ファーによって女性らしさが強調されるのでスカートやワンピースなど女性らしい服との相性が良いです。またチェーンも華やかなイメージを与えるのでトレンチコートなど丈が長くて存在感のあるアイテムと合わせるとより豪華に見えます。
反対に夏らしいバッグとしてかごバッグが挙げられます。かごの素材が涼しげで爽やかな印象を与えます。またリゾート感があるのでより夏っぽさを演出できます。服装はショートパンツやロールアップしたホワイトのパンツ、花柄のワンピースなど涼しげなものと合います。
春らしいバッグとしてはパステルカラーのものがあります。リュックタイプのものはピクニックを連想させたり、新生活がスタートしたようなフレッシュなイメージもあります。服装は白のブラウスやトーンが淡いカーディガンなどが軽くて新鮮な雰囲気を出すのでおすすめです。
秋にはブラウンで落ち着いた色味のバッグを選ぶと良いでしょう。チェックのシャツや少しカラフルな柄ものの服を着るとお互いを引き立たせることができます。
このように季節に合わせてバッグを選ぶのもおもしろいですね。